Skip to content

導入事例

  • 長大橋を対象とした地震モニタリングの実証運用にsonas xシリーズを採用

    横浜国立大学様(藤野陽三教授)

    導入プロダクト
    sonas x
    関連情報
    振動計測,加速度センシング,橋梁モニタリング,地震モニタリング,ADXL355/357,M-A351AU
    背景
    横浜国立大学の藤野陽三・上席特別教授は、橋梁全般を専門とする土木分野の第一人者であり、構造物モニタリングについても1990年代後半から研究を進められてきました。UNISONetの潜在能力にも早くから着目してくださり、UNISONetが土木へ貢献可能な点等、数年に渡り議論を進めてまいりました。 今回、藤野教授に、新那珂川大橋(橋長約530m)および隣接する勝田高架橋(橋長約200m)を一括して対象とする地震モニタリングに、x01をご採用いただきました。
    詳細を見る
  • 「軍艦島」を対象とした構造物「ヘルスモニタリングシステム」の実証運用にsonas xシリーズを採用

    三井住友建設株式会社様

    導入プロダクト
    sonas x
    関連情報
    振動計測,加速度センシング,構造物ヘルスモニタリング,地震モニタリング,マルチホップ通信,ADXL355/357,M-A351AU
    背景
    近年、橋梁をはじめとするインフラ構造物の老朽化が進み、維持管理コストの財政負担や点検技術者の不足が問題となっています。 こうした課題に向け三井住友建設様は、ケーブル敷設が不要で低コストでの監視が可能な、無線モニタリングシステムの開発を進めてこられました。橋梁向け常設型モニタリングシステムには、振動センサ搭載のsonas x01を採用頂き、ソナスでシステム開発から設置計画、運用までサポートしてまいりました。
    詳細を見る