VISION

魅惑的技術で社会の礎を成す

ソナスという社名は「礎を成す」という言葉に由来しています。
ユーザーを魅了するテクノロジーを時代を超えて提供し続け、人々の生活を支える「未来の当たり前」を創ることを目指しています。

MISSION

高性能IoT技術の飽くなき探究により、テクノロジーで社会に貢献し続ける

センサデータの活用は、IoT(Internet of Things)と呼ばれる1つの潮流となり、業界の壁を超えた「汎用的原動力」として、人々の生活を一変させつつあります。
手探りで始まったこの変革は、基盤技術の未熟さから適用領域が大きく制限され、その可能性を十分に発揮できていません。
開発者もユーザーもワクワクするような高性能IoT技術でこの足かせを取り払い、各種産業がIoTの恩恵を享受可能とすることで、社会を飛躍させることがソナスのミッションです。

MEMBER

メンバー

大原 壮太郎

OHARA Sotaro

Co-Founder / ​CEO
東京大学大学院工学系研究科修了後、ソニー株式会社にて5年半、半導体開発に従事。東京大学先端科学技術研究センター勤務を経てソナス株式会社共同創業、代表取締役就任。

鈴木 誠

SUZUKI Makoto

Co-Founder / CTO
東京大学大学院新領域創成科学研究科博士後期課程修了。10年以上に渡り無線センサネットワークの研究に従事した後、ソナス株式会社共同創業、最高技術責任者として技術面をリード。

神野 響一

JINNO Kyoichi

Co-Founder
東京大学工学部卒業後、同大学先端科学技術研究センター技術補佐員を経てソナス株式会社共同創業。大学では無線センサネットワークの研究に従事。2016年度IPA未踏スーパークリエータ。

南 正輝

MINAMI Masateru

Engineer
東京大学大学院にて博士号(工学)取得後、東京大学准教授、芝浦工業大学准教授を歴任。
“釣り” と “ものづくり” をこよなく愛す。最近では、木製ルアーを安価に自作するために、加工用CNCルータをスクラッチから作るという徹底ぶり。

黒岩 拓人

KUROIWA Takuto

Engineer
京都大学大学院修了後、企業でスマートアグリビジネス向けのセンサデバイスおよびクラウドアプリケーションの開発に従事。
10年ぶり2度目となる浦和レッズのACL制覇の瞬間を、埼スタで目の当たりにした57,727人のうちの1人。

川西 直

KAWANISHI Nao

Engineer
東京大学大学院を単位取得退学後、大学や企業でユビキタスコンピューティングなどの研究活動に従事。
鯉党。猫派。Emacs愛好派。HHKB英語配列使い。たけのこ党支持。自転車乗りだが、あまり乗れていない。将来の夢は適正体重になること(本人談)。

奥寺 芽維

OKUDERA May

Business Development
東京大学卒業後、外資系ITベンダに入社しセールスに従事。大手製造業を担当し、データ活用やITインフラ運用変革の支援に携わる。その後エムスリーにて、新規事業開発やセールス、マーケティング、プロジェクトマネジメント等を幅広く経験。

ADVISER

顧問

長山 智則

NAGAYAMA Tomonori

Technical Adviser
東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻准教授。マルチキャスト再送、レート変換、特異値分解、振動モード解析、トラス構造解析、損傷同定などの組込実装経験をもつシビルエンジニア。

COMPANY

会社概要

会社名
ソナス株式会社(英:Sonas, Inc.)
設立
2015年11月
代表取締役
大原 壮太郎
資本金
3700万円(資本準備金を含む)
本社
151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-36-13
本郷オフィス
(開発拠点)
113-0033 東京都文京区本郷5-25-18 ハイテク本郷ビル1F
事業内容
センシングに関するハードウェア、ソフトウェア、サービスの企画、設計、製造​、販売

詳しい行き方はこちらの PDF をご覧ください