Skip to content

UNISONetについて

IoT無線の新常識。安定、省電力、高速、双方向低遅延、
ロスレス、時刻同期、多数収容
革新的な転送方式で実現する
次世代マルチホップ無線・UNISONet

UNISONet(ユニゾネット)は、ソナスが独自に開発した新たな無線通信技術です。

昨今、IoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)と呼ばれる潮流の中で多くのヒトやモノがインターネットに繋がる時代が到来しようとしています。その中で重要性を増しつつあるのが無線通信技術です。
UNISONetは、まったく新たなデータ転送技術によりこれまでの無線の在り方を一変させ、IoTの世界にブレークスルーをもたらそうとしています。

これまでの無線システムの問題

  • バッテリが全然持たない
  • 通信がすぐ途切れる
  • 制約が多すぎて使いづらい

UNISONetは、IoT無線に求められる以下のような
機能・性能を、すべて同時に実現することが可能です。

  • 安定

    電波環境変動にも対応可能

  • 省電力

    省電力待機時で10年電池駆動可能

  • 高速

    最大スループット2KB/s(2.4GHz版)、500B/s(サブギガ版)

  • 双方向低遅延

    ユーザの指令から1秒でセンサが応答

  • ロスレス

    データ欠損を防止する再送制御機能

  • 時刻同期

    1~10μ秒レベルの時刻同期機能

  • 多数収容

    1ネットワークに数100台収容可能

UNISONetの適用分野

  • センシング

    温度・湿度といった小容量のセンシングから、加速度・画像といった大容量のセンシングまで、無線部分のチューニングを行うことなく満足の行くシステム構築が可能です。

  • その他(産業用自営網、アクチュエーションなど)

    UNISONetの時刻同期、低消費電力、高応答性、高スループットといった特性は、センシング以外の領域でも強く求められています。

適用分野

UNISONetを支える技術

UNISONetは、「同時送信フラッディング」と
「細粒度スケジューリング」という2つの技術を高度に組み合わせることで、
高機能かつ高性能な省電力マルチホップネットワークを構築しています。

UNISONetを支える技術

スペック

UNISONetのスペックをまとめています。
詳しくは下記をご覧ください。

スペック

関連論文

UNISONetに関する論文を掲載しています。
詳しくは下記をご覧ください。

関連論文