Skip to content

ニュース

「UNISONet」を活用した送電設備の監視に係る実証試験を開始~送電設備の保守業務効率化を目指して~

2020年3月2日

東北電力株式会社(以下、東北電力)、株式会社NTTドコモ 東北支社(以下、ドコモ)、ソナス株式会社(以下、ソナス)は、山間部における送電設備の保守業務効率化を進める観点から、マルチホップ無線「UNISONet(ユニゾネット)」を活用した送電設備の監視に係わる実証試験を福島県内で開始いたしました。

「UNISONet」は、ソナスが独自開発したマルチホップ無線で、長距離データ通信や低消費電力といった特徴を持つ通信ネットワークであるLPWAの一つです。今回の実証試験では、この「UNISONet」を搭載した通信システムおよびドコモの通信に関するノウハウを活用し、東北電力が所有する山間部の送電設備の監視において、その有用性を確認するとともに耐環境性を検証します。

東北電力では、現在、送電鉄塔に設置している航空障害灯の点灯状況を現場パトロールによる目視にて確認しています。送電設備は山間部を含む広範囲に多数設置されているため、この点検には多大な時間を要しており、安全面や業務効率化といった観点から新たな手段が求められています。

今回の実証試験で使用される「UNISONet」搭載の通信システムでは、山間部の鉄塔に設置された端末から遠隔でデータを取得することで、事務所にいながら送電設備の状況を確認することが可能になるため、業務効率化を実現する取り組みとして期待されています。

実証試験概要イメージ

今後、東北電力及びドコモは、本実証試験の結果等を踏まえ、送電設備保守業務へのLPWAの導入を目指してまいります。ソナスは、更なる通信性能やユーザーエクスペリエンスの向上に努めていく所存です。

※UNISONetについて、詳細はこちら

□本件に関するお問合せ
 ソナス株式会社 広報担当:武田
 電話:03-3830-0170 メール:pr@sonas.co.jp

プロダクトに関する
お問い合わせ

プロダクトに関するご相談・お問い合わせはこちらをご利用ください。
内容確認後、担当者からご連絡いたします。

お問い合わせ