Skip to content

導入事例

機械設備の予知保全向けIoTセンサユニット「TKK-PMDシリーズ」に高レンジ計測版が採用

トーヨーカネツ株式会社様

背景

物流業や製造業において、機械の故障などにより稼働が止まってしまうような不測の事態の発生は、それがたとえ短時間であっても大きな損失を生んでしまいます。これまでは、定期点検などによりそうした事態を防ぐためのメンテナンスを行ってきました。ところが近年、IoTやAIを活用し、機械の稼働状況を自動でモニタリングすることにより、適切なタイミングで部品交換などのメンテナンスを行い、予期せぬ故障を防ぐ「予知保全」が可能になってきました。そこで、物流機器・ソリューションのリーディングカンパニーであるトーヨーカネツ様は、物流機器をはじめとした機械設備向けIoTソリューション「TKK-PMDシリーズ」の開発に着手しました。

課題とご採用ポイント

左からパワーユニット(電源)、センサユニット(子機)、ベースユニット(親機)

信頼できる予知保全のためには適切な稼働状況のデータを収集することが欠かせませんが、そのための明確な方法論は確率されていないのが現状です。トーヨーカネツ様は実験を重ねた結果、加速度センサによって振動をモニタリングすることが故障の兆しを最も正確且つ早期に検知できるという結論に至りました。ソナスの高レンジ版無線計測システムは、高周波の3軸加速度センサを搭載し、低消費電力で時刻同期されたデータが収集可能で、電波の障害物が多い工場や倉庫内でも安定した通信ができるマルチホップ無線であること、コスト面の優位性もあることから同シリーズに採用されました。
尚、UNISONetのネットワークからクラウドに収集されたデータは、機械学習ソフトに連携し解析されています。このようなシステムと連携可能な点も評価いただいたポイントです。

今後のポイント

同ソリューションは現在までにマルチシャトル実機を使った実験を経て、大手電子部品メーカーに納入されています。
トーヨーカネツ様は、今後も低コストで簡便に導入できる機械設備のIoTソリューションとして、物流業界や製造業界での販売を拡大するご意向です。

プロダクトに関する
お問い合わせ

プロダクトに関するご相談・お問い合わせはこちらをご利用ください。
内容確認後、担当者からご連絡いたします。

お問い合わせ