Skip to content

導入事例

「軍艦島」を対象とした構造物「ヘルスモニタリングシステム」の実証運用にsonas xシリーズを採用

三井住友建設株式会社様

背景

近年、橋梁をはじめとするインフラ構造物の老朽化が進み、維持管理コストの財政負担や点検技術者の不足が問題となっています。

こうした課題に向け三井住友建設様は、ケーブル敷設が不要で低コストでの監視が可能な、無線モニタリングシステムの開発を進めてこられました。橋梁向け常設型モニタリングシステムには、振動センサ搭載のsonas x01を採用頂き、ソナスでシステム開発から設置計画、運用までサポートしてまいりました。

橋梁に加え、ビル等の建築構造物においても、特に地震発生直後などに構造物の健全性を迅速に診断する仕組みが求められています。これに向けて、三井住友建設様と共同で、日本最古の高層RC造住宅であり、損傷が著しく進む、長崎県端島(通称:軍艦島)の30号棟にシステムを適用し、モニタリングを開始しました。

課題とご採用ポイント

構造物の振動モニタリングでは、得られたデータの解析のために、多点で時刻の同期が取れた加速度値を取得し、データロスなく収集することが必須要件となります。UNISONetはマルチホップ通信でありながら、これらの要件を同時に満たす画期的な無線通信方式であり、今回も低コストでのシステム構築に大きく貢献しました。また、建物の一部倒壊により電波環境が変化することが考えられますが、UNISONetではこのような状況下でも安定した通信を継続することが可能です。

設置対象は、倒壊の危険性が高くシステムメンテナンスの機会が限られます。ソナスでは、センサのケーシングやデバイス選定などのハードウェア設計、UNISONetでのネットワーク構築、データのクラウドへのアップロードを一貫して支援し、長期安定性のあるシステムを構築しました。

効果と今後の展開

今回の取り組みで、30号棟の振動を多点で取得し、遠隔から常時監視することが可能となりました。三井住友建設様は、今後もモニタリングを継続し、得られたデータの分析、さらには損傷判定システムの開発を進められるとのことです。また、ソナスでは、今後の他の構造物へのシステム適用においても、支援・連携を強化してまいります。

プロダクトに関する
お問い合わせ

プロダクトに関するご相談・お問い合わせはこちらをご利用ください。
内容確認後、担当者からご連絡いたします。

お問い合わせ