Skip to content

導入事例

超高層ビルの地震モニタリングに無線振動計測システムが採用

関西電力株式会社様

背景

災害発生時の電力供給早期復旧のため、電力会社の拠点建物が被災した場合には迅速な対応が求められます。建物の被災状況を把握する方法としては、技術者による点検が一般的ですが、超高層ビルのような大規模建築物の点検を人手で行うには時間を要するほか、大地震の際は技術者自身も被災することが予想されます。そこで、関西電力様はビルが揺れる際の加速度をセンサにより測定し、構造の健全性を評価する地震モニタリングを有線の振動計測システムで行ってきました。しかしながら、システム更新にあたっては有線システムを設置する際の配線工事の工期の長さや手間の大きさ、コストの高さが問題となりました。

課題とご採用ポイント

既設有線システムを無線システムに置き換えて高層ビルの地震モニタリングを行うには、1棟を1ネットワークで管理可能なマルチホップ無線であることに加え、拠点建物の地震モニタリングに耐え得る通信の信頼性や時刻同期などの条件も満たすことが不可欠でした。
ソナスの無線振動計測システムは、配線工事が不要で設置が簡単、機器のコストも安価でありながら、通信品質を保ち、広範囲計測やデータロスレス、時刻同期も実現します。関西電力様は、従来の有線システムを比較した場合にコストや設置期間が大幅に低減されるほか、超高層ビルのような大型建築物においても有線システムに劣らない品質での通信が実証できたことから同システムの導入を決定しました。

今後のポイント

同システムの設置後、微弱な振動も正確に計測・収集されていることが確認されており、順調に運用されています。ソナスは今後、より高度なユーザーニーズに応えるため、機能拡張等更なるシステム改善に取り組んでまいります。

プロダクトに関する
お問い合わせ

プロダクトに関するご相談・お問い合わせはこちらをご利用ください。
内容確認後、担当者からご連絡いたします。

お問い合わせ